美十_1

つぶあん入り生八つ橋「おたべ」や「京ばあむ」など、京都・大阪・東京みやげの製造・販売を行っている株式会社美十(びじゅう)。WeChat Pay、AliPayにも対応している、マルチ決済端末の「Star Pay端末」でLINE Payの決済を導入した経緯について、「京ばあむ清水店」の池田さんと中村さんにお話を伺いました。


――「Star Pay端末」でLINE Pay決済を導入したきっかけを教えてください
お会計の時間を短縮したかったことが一番の理由です。現金ではおつりの準備が必要だったり、クレジットカードではレジで二度打ちをする必要があったりと、とても手間がかかっていました。

うちのお店は現金での決済が多く、レジ締めの際にも金額の差異が生じると原因の確認などに時間がかかっていたことも課題に感じていました。「Star Pay端末」の導入によってお会計時間やレジ集計を簡素化でき、かつ決済手段も増やすことができると思ったことがきっかけですね。


美十_2

――普段はどのようなお客さまのご利用が多いですか?
20代のお客さまが多いです。そして国内外問わず観光でいらしているお客さまが多いですね。今まではほとんどの方が現金決済だったのですが、「Star Pay端末」を導入したことでクレジットカードを持っていない学生の方がLINE Payでの支払いをしてくれたり、WeChat Pay、AliPayが使えないことで今までお断りしていた中国人観光客の方を取り込むことができるようになりました。

お客さま自らQRコードを読み取る画面を出してくれるので、言葉が通じなくても支払いはスムーズです。


美十_3

――お客さまへの告知方法はどうしていますか?
今はレジの前に告知物を置いているので、お客さまがお会計の時に気付いて「使えるんですね」と声をかけてもらうことがほとんどです。

メニュー看板にポスターを入れて入り口辺りに置いているのですが、そこに支払い方法としてLINE Payのお知らせをするのもいいかなと思います。レジに来る前の入店のきっかけとして気付いてもらえると嬉しいですね。


美十_4

――実際にLINE Payを使用してみた感想を教えてください。
LINE Payは「手持ちの現金がなくてもすぐにチャージでき、簡単に支払えるから便利」というお客さまの声はよく聞きますね。また、現金やクレジットカードでのお支払いは、キャンセルや返金は時間がかかる上に金額の誤差が生じるリスクがありました。

LINE Payはキャンセルの時も「Star Pay端末」でレシートに印字されたQRコードを読むだけなので、スムーズになり、リスクも軽減されたように感じます。


美十_5

――運用面で工夫していることや気をつけていることはありますか?
「Star Pay端末」はレシートが出せるので、お客さまにレシートを必ずお渡しするなど店舗としてのルールを決め、スムーズなお会計を行えるように心掛けています。

具体的には、LINE Pay用のレシート入れを作って管理しているので、合計して金額が合うか確認をするだけで済んでいます。お店の既存のやり方に合わせてうまく運用できれば手間はないと思います。


美十_6

――今後どのようにLINE Payを活用していきたいですか?
LINE Payでの決済はお会計がスムーズでお店にメリットがあるだけでなく、お得なキャンペーンがあり、お客さまへのメリットも多いと思います。LINE Payが利用できることをより一層発信していき、多くの方にLINE Payでお買い物をしていただきたいです。

店頭でのキャンペーン告知はもちろん、自社SNSやお店のアンバサダーの方に発信をしてもらい、LINE Pay利用を促進していきたいですね。


――ありがとうございました

美十_7

ショップ概要
店舗名:京ばあむ清水店
ホームページ:http://kyobaum.shop/


※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。



この記事は参考になりましたか?

はい   いいえ





LINE Pay加盟店開設サポートアカウント
店舗へのLINE Pay導入をサポートするアカウントです
友だち追加


LINE Pay加盟店申し込み
資料請求