秋葉味噌_1
当店は、茨城県結城市にて昔ながらの製法で糀や糀味噌を醸造・販売しております。

LINE Payを導入したきっかけは、現金のやり取りで発生する勘定違いや、盗難のリスクを減らしたいと思ったことです。これまでは、店頭やイベント会場等でお客様にQRコードを読み取ってもらい決済していただいておりましたが、今回離れた場所にいる方にもチャット等で支払い用のリンクをお送りすれば決済できるようになったので、より多くの方に味噌をお届けできるようになりました。


秋葉味噌_2
現在、リッチメニューに「購入する」ボタンを設置しています。お客様がタップすると商品名や個数、お届け先等の必要項目の情報を伺うメッセージが自動的に返信されるように設定を行っています。


秋葉味噌_3
お客様が必要項目を入力、返信してくださったら、こちらから「お支払いリクエスト」を送付して、お客様側でLINE Pay決済をしていただくという流れです。決済の確認もその場でできるので、その後すぐに商品を梱包して発送することができます。

郵便振替で対応していた時は、お支払いの確認完了まで2週間程かかっておりましたが、LINE Payでお客様がすぐにお支払いした場合、即座に決済確認まで完了できるため、お客様に商品をより早くお届けすることができます。


秋葉味噌_4
先日、東京のお客様から午前中にご注文を頂き、その直後に「お支払いリクエスト」を送付したところ、数分後には決済の確認ができたので、すぐに商品を梱包して発送することができました。

その結果、翌朝には「商品が届きました!」とご連絡をいただきました。これくらいのスピード感で商品が手元に届くのであれば、お客様にはご満足いただけると思います。

お店側の決済確認の方法も、自身のLINEに決済完了通知が届くため、とにかく便利です。そこからスマホの管理画面を立ち上げて、お客様にチャットで「決済確認できました。ありがとうございました。」と連絡ができるので本当に楽です。メールや電話を使ってやり取りをしていたことと比べたら、スピードが断然に違います。


秋葉味噌_5
普段からお客様とLINE公式アカウントで繋がっており、ブロック率も10%程度なので、一度繋がったことのあるお客様の90%程度とは会話を再開できる可能性を秘めています。 LINE Pay支払いが適用されるキャンペーン情報等をメッセージで配信すればリピート対策をすることもできます。

LINEのチャットは、普段お店で接客しているのと同じ感覚でお客様と接することができるため、日本全国どこからご連絡をいただいてもチャット上で普段と変わりない接客をすることが可能です。実際に購入していただいたお客様にお勧めレシピや保存方法などのアフターフォローをチャットで行うこともあります。

お客様とのコミュニケーションの延長線上で決済までできれば、お客様の「買いたい!」「欲しい!」という気持ちを保ったまま購入手続きまで完了できるので、機会損失を防ぎ、売上につながると思います。

また、弊社では同じ公式アカウント上で卸先からの注文も受け付けており、応答メッセージのキーワードを利用して、一般のお客様と卸先のお客様とを区別しております。私は常にPCの前で仕事をしているわけではないので、メールではなくLINEで注文内容を確認できる点が便利です。卸先のお客様にとっても、PCがなくても手軽に注文できる点は便利だと思います。

通常のECサイトでは体験できない、LINEならではの「コミュニケーションでお客様とつながる」体験を楽しみながらやっていこうと思います。


ショップ概要
店舗名:秋葉糀味噌醸造
https://www.tsumugi-miso.co.jp/



LINE Pay加盟店申し込み
資料請求



LINE Pay加盟店サポートアカウント
店舗へのLINE Pay導入やLINE Pay加盟店様をサポートするアカウントです
友だち追加



この記事は参考になりましたか?

はい   いいえ