一般的にクレジットカード決済やQRコード決済において店舗が負担する決済手数料はコスト負担となるのみですが、LINE Payの場合は決済時にLINE公式アカウントの友だち追加を促すことができるため、友だち獲得費用とも捉えることができます。

友だち追加を促すための広告出稿や「友だちになると300円クーポンプレゼント」といった特典費用など不要で決済のタイミングで友だちを増やすことが可能です。

column_20210304_1
さらにLINE公式アカウントの友だちの中には実際には来店できない状況のユーザーやクーポン目当てだけのユーザーなどが含まれるケースもありますが、実際に決済したお客様はお店に足を運ぶことができ、そのお店を体験している友だちであるため十分に再来店の可能性があるかと思います。LINE公式アカウントの料金プランはメッセージ通数に応じて費用が発生するため、来店の可能性が高い友だちを集めてメッセージを打つことで費用対効果を上げられる可能性もあります。

column_20210304_2


決済と同時に友だち追加を促せる「LINE Pay友だち追加機能」
LINE Pay友だち追加機能」を利用すると、お客様がLINE Payでお支払いをした際、自動的に店舗のLINE公式アカウントへ友だち追加を促すことが可能です。

20201001-blog-1200x800-re1
決済と同時に友だち追加されるため、店舗にとっては、告知の労力を掛けず簡単に友だちを獲得できます。また、お客様にとっては、LINE Payでお買い物をしている店舗のアカウントから情報を受け取ることができます。


「LINE Pay友だち追加機能」で獲得した友だちをリピーター化
集めた友だちに対して店舗のお得な情報などを配信することで、次回の来店動機につなげることができます。

また、アンケート調査の結果、LINE Payでお支払いをするお客様は利便性にメリットを感じご利用されていることが判りました。店舗からの配信で「LINE Payを使えるお店」と認識してもらうだけでも、来店動機につなげられるかもしれません。

このように、LINE Payの決済手数料は、手数料の負担に留まらず、決済の先にある潜在顧客の掘り起こしからリピーター化まで、店舗のためになる費用と考えることができるといえます。



LINE Pay加盟店サポートアカウント
店舗へのLINE Pay導入やLINE Pay加盟店様をサポートするアカウントです
友だち追加



この記事は参考になりましたか?

はい   いいえ